06 * 2005/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/20
覚えるという事

今日は、こんなタイトルなんですけど、
覚える・・・コレも範囲が広い言葉ですね^^;(苦笑)

だけど、今日お話しするのは、
ぉ勉強をしたりするの覚えるじゃなく、
人に関してかな・・・?
そんなお話を((φ(..。)カキカキします。

なんかね、暗記力って、限界があると思うんですけど、
大切な事は、ちゃんと覚えていたいですよね。^-^

例えば・・・
普段会わない人に関しては、名前忘れちゃったりすることも
あると思うんですけど、(ヲイ/笑)
でも、顔は覚えてるとか、

身近な人に関しては、名前はもちろんのこと、
話した事とか、ちゃんと覚えていたいですよね。

どう言えばいいかな・・・
なんかね、覚えてるということは、ちゃんとその人と向き合って
話してるって感じに思わないですか?

ただの相づちとかね、討って話してる人というのは、
適当に人をあしらってる人と言うのは、
相手の人の事を、ちゃんと覚えていなかったりするんですよ。
上の空?って感じかな。。。

凛の経験なんですけど、自分が良い友達や、人と巡りあいたいなら、
こういう部分を見ます。

ただ、忘れてるのか、
元々覚える気がないのか。

人を大切に思えるのか、どうなのかとかね。

なぜかというと、適当に話してるような人と、
話してる時間ない。
1度以前にも話したお話をしてる人と、
何度も、お話したくないっしょ?(笑)

例えばなんだけど、
コレってね、仕事でも凄い大切な事だと思うんですよ。

凛は、人と関わる仕事が多いんですけど、
ちょっとしたことでもね、覚えてると相手は凄く喜びます。
↑コレね、ワザと喜ばせる為とかじゃなくて、
凛は偶々、暗記力がいいだけなんですけど、
喜んでもらえるというのは、嬉しいものです。^-^
もちろん、自分の事を相手が覚えてくれてるっというのも、
嬉しいことだと思いませんか?

そんな中で、凛は覚えるという事の大切さに気づいたんですね。

例えば・・・相手の立場に立ってみて自分だったら?とか、
どうされると嬉しいかな?という風に、置き換えてみたり
相手のことを詳しく知ってるなら、相手の好みに合わせて、
こうしようとかね?^-^
But・・・ゴマ擂る?という意味とはまた違いますよ。(笑)

挨拶するにしても、
ただ、「おはようございます。」というのと、
「おはようございます。○○さん。」と、名前つくのとでは、
違うっしょ?

例えば・・・Aさんが昨日
「明日の予定は、ゴルフがある。」と言ってたとすると、
後日、会った時に
自ら、
「Aさん、昨日のゴルフどうでしたか?^-^」なんてね。

覚えるということは、コミュニケーションを図る上で、
凄い大切なことなんです。

人と会話するのが、苦手と言う人は、
こんな相手を知る(覚える)ことから練習を始めてみては?
って感じですね。

あとね、よく騙された・・・って言う人いるじゃないですか?

それって、凛からすれば自業自得だと思うんですよ。
なぜって、相手をよく見てないから騙されるんでしょ?
もちろん、言葉巧みな人もいて
騙されることもあると思いますけど(笑)

もしね、凛が人に騙されるようなことがあれば、
騙した相手を責めるのではなく、相手をよく見ていなかった
自分自身を反省しますね。
まだまだ、人を見る目がないなぁ。。。なんてね?(笑)

まぁ、そんなこんなで、本日は覚えると言うことについて
熱く語っちゃいましたが( ´,_ゝ`)プッ(←いつものことダw 爆)
このBlogを読んで下さった方にも、
1度この事について、考えてみて頂ければ幸いです。^-^













スポンサーサイト
07/30
暴力
今日は、こんなタイトルで((φ(..。)カキカキ。

暴力って言っても、色んな種類があると思うんですが
ぅう~んと
1.友達や、その他との揉め事での喧嘩
2.家族(家庭)内暴力(親子)、虐待
3.恋人・夫婦間のDV
大きく分けると、こんな感じかな。。。

凛が直に経験あるのは、1と2。
1は、自ら喧嘩を吹っ掛ける事はないんだけど、
吹っ掛けられて、正当防衛の如くですけど、
人をボコボコにしたことがあります。
決して、人を殴るというのは、いいもんじゃないです。

2は、実母からと、兄からの虐待。
まぁ、詳しい内容は話さないですけど、これが元で、一時ピーク
だった時に、はさみで兄を刺した事があります。
まぁ、これも普通の自分では考えられないことなので、
耐える事に、限界が来てたんだと思うんですね。今、思うと。

多分このようなお話を書くと、読んだ人はひいちゃうと
思うんですけど(苦笑)
でもね、現実、こんなことってないようであるんですよ。

3.に関しては、凛は、知らなかったんですけど、
義母が、実父と、喧嘩になった際、暴力があるそうです。
まぁ、凛も実父と、喧嘩してボコボコにされたことはあるんですけど
その時って、不思議と涙が流れない。
人様の前に出られないくらいの怪我を負ってもです。
なぜかというとね、その時の心境は、悲しいより、悲しいを通り越えて
口惜しいんですね。
で、身体の傷より、心の傷を受けてる感じかな?身体が痛いって、
感覚ないんですよ。

で、お話を戻しますが、もし今、あなたが暴力を受けていたとしたら、
あなたは、どうしたいですか?
その場から、逃げたいですか?それとも誰かのために我慢しますか?

もし、凛なら、誰の為にも我慢しません。
よく、義母が、実父の暴力について、凛に訴えてくるんですけど、
凛が、義母にいつも言うのは、あなたの人生なんだから、
あなたが決めないと、いつまでも幸せになれないよってね。
なぜ、凛がこういうかというと、
よくDV受けてて我慢してる人は、子供がいる場合、子供の為って
いいますよね?本当に、子供為ですか?

もし、子供が両親を愛してて、そのどちらかが、例えば・・・
愛する母が、愛する父親が暴力を振るう姿を、見た瞬間
どれだけ傷つくか、わかりますか?

凛はね、今はまだ子供立場だから、思うんですけど、
離婚の衝撃より、暴力のある環境の衝撃の方が、子供にとって
大きいんじゃないかな?と思うんですよ。

暴力を振るわれて、悲しい顔している母よりも、
イライラしてしかめっ面する母よりも
子供は笑っていてほしいと思うもんなんじゃないかな?

凛はね、今の義母は、実父より、大好きなんです。
だからね、暴力受けて、悲しむ顔は見たくないんですね。
子が親を思う気持ちは、変わらないから、悲しい顔ばかりすなら
別れてほしいと、いいます。
いいますというより、言ったんだけど(苦笑)
まぁ、うちの場合は、それでもまだ夫婦間に愛情があるらしい?から
離婚してないんですけど、
こういう問題って、ホント良く考えた方がいいですよ。

ちなみに、凛の旦那さんは、キレやすいんですけど、
暴力を振るう人とは、離婚すると初めに言ってあるんですね。
だから、暴力は、振るわない変わりに、物に当りますけど、
物を壊せば気が済むなら、壊せばいいって感じなんですよ。
その代り、自分で壊したんだから、責任とりなよって感じですけどね。

最初からこう言う付き合いも、変なのかもしれないですけど、
ホント凛、暴力は嫌いだし、
暴力から良いことは何1つ生まれないと思うんですよ。

それとね、凛、冷たいかもしれないけど、
相手を傷つけることの痛みがわかんなきゃ、
目には目を、って感じなんですね。

人ってさ、自分が同じ痛みを味わうと、
相手の痛みがわかるっしょ?

とは、言いつつ、
まぁ、時々、それでもきづかない人もいますけどね。

今日は、ベビーな?お話を淡々としちゃいましたが、
凛は、自分の事に対しては、淡々としているんですよ。
ある意味、冷めてるって感じかな?(苦笑)
だからね、このお話しましたけど、変に同情とかしないで下さい。

ただなぜ、このお話をしているか?に関しては、
読んで下さった方が、ご自由に受け止めてもらっていいんです。
世の中には、こんな人もいるということだけ知ってもらって、
まぁ、その人なりに、暴力とは?なんて、
考えてもらえるといいかなって感じです。以上。//
Copyright © 2005 Eternal D & R.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。