05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/02
接客業の難しさ

昨日、凛の旦那さんが、
あるお店のオーナーと揉めました。
あるお店と言うのは、フランチャイズのお店。
某大企業の名を借りて、個人経営って感じかな?

そこで、こんなやり取りをしたそうです。
ある商品についてるクジがあって、当り券の交換に
旦那さんは、その店に行きました。

すると、そこのオーナーの第一声は、
『ホントにうちの、当り券ですか?』と、
旦那さんに対して、言ったそうです。

凛がそのお店に行った時は、クジは、その場で、当り・ハズレを
チェックし、即交換だったのですが、
う~ん・・・そこのバイトさんのチェック忘れでかな?
旦那さんの時は、持ち帰ってきたんですね。(汗)

そのお店のオーナーからすれば、バイトさんの管理に徹底してる
つもりなのかも知れないですけど、
接客業で、お客さんのお話をちゃんと聞かず、
疑うかのような、第一声・・・コレどうかなと思うんですよ。

凛も、もちろん旦那さんも、サービス業なんで
こういうオーナーの考え方は、許せないんですね。

と言うのも、お客さんに何かを言う前に、
自分の所に、落ち度がないか・・・なんですよ。まず。

人って、どんなに正確に何かをしたつもりでも、
ミスってあるんですね。
そんな時、どうするか、対応を考えておくべきだと、
凛も、旦那さんも、思うんですよ。オーナーなら。

凛、今は直に、お客さんとは、関わる機会がないですけど、
高額なお金をやり取りする場所で、以前は関わってたんですね。

だから、例え高額でない商品を扱うお店でも、値段に関係なく
お客さんとのやり取り(サービス業)の難しさを知ってます。

元々、そこに入る前の凛は、
物事に白・黒の判断しか出来なかったんですけど、
お客さんとのトラブルを避けるには、
グレーの部分が必要性もあることを学んだんですね。

白・黒の判断と言うのは、
主に、どちらかよりの極端な考えであり答えでしょ?

グレーは、中和。

サービス業で、お客さんを責めるのは、タブーなんですよ。
いくらお客さんが、間違いを犯してても。

でも、白にしてしまうのも出来ないでしょ?
時と場合によっては、店側の損失になる場合もあるので。

だから、グレーがいるんですよ。

今回、旦那さんは、揉め事を起こしたい為に、オーナーに
発言したのではなく、同業者として、
その部分をわかってほしかったみたいです。

まぁ、相手に寄りけりで、人の考えをわかるのは難しいかも
知れないですけど、
揉めるのは、悪いことでは、凛はないと思うんですね。
そういう人がいないと、
また同じトラブル、もしくは、相手(お客さん)を同じ様なことで不愉快にさせてしまうことって、起こるんですから。

人との関わりって、ホント難しいんですけど、
まずは、自分から・・・中和心って言うのかな?
凛、言葉あまり多く知らないから、上手く言えないけど
自己中心的に物事を考えるのではなくて、
第3者的な目で、物事の判断を、ちゃんと出来る心を
持てるように心がけていたいですよね。(シミジミ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

缶詰・瓶詰
NO NAME [URL] 2008/12/01(月) 04:51 [EDIT]

肉・肉加工品
肉・肉加工品を探すなら http://www.karakustr.com/100227/100228/
NO NAME [URL] 2008/10/09(木) 07:38 [EDIT]

男女兼用腕時計
男女兼用腕時計を探すなら http://www.mnpainctr.com/216129/302133/
NO NAME [URL] 2008/09/26(金) 08:22 [EDIT]

30代,40代の看護師の転職
看護師は、医師を支え、患者を見守り、医療の中心を担う http://daintiness.misterblackband.com/
NO NAME [URL] 2008/09/07(日) 16:17 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 

この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 Eternal D & R.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。